Kei’s Aha! ケイアハ

人の「やってみよう」を引き出せる人になりたいなあ

MENU

【ゴ】筋トレで結果を出した人が語るゴルフに必要な筋肉 

ようこそ「ケイアハ」にお越しくださいました、イトウケイです。

 

ゴルフをやめた私ですが、ゴルフ中はしなやかな身体のためにと始めたヨガにはまっておりました。そして、はまりすぎて、ヨガに夢中になり、ゴルフをやめてしまいました。

最近はやりのRizap(ライザップ)の先駆者でもあると勝手に思っているTWO(トータルワークアウト)を思い出し、筋トレを始めています。

f:id:KeiIto:20161117115808j:plain

で、ゴルフのためには、ヨガじゃなくて、筋トレだったなーとまじで思います。 

というわけで、今だったらやってたであろう ”筋トレ for ゴルフ”を述べてみます。

 

2つの筋肉群だけでよかよか。

専門書やゴルフのトレーナーさんの意見等、一切見てませんので、勝手な私の意見です。 

 

まずは、スクワット

飛ばす人は、必ずと言っていいほど、けつでかいです。

特に、この人飛ぶなーという人で一人は、けつがでかすぎて、内股になるぐらい友人もいました。けつでかじゃなくて飛ぶ人は、上半身で打っているか、こねての手首の力を使ってますので、結果、確率が悪くなります。

言い換えますと、安定した高い飛距離を出す人は、必ずけつがでかいです。なので、スクワットで追い込んでください!

次に、腹筋

体幹がはやってますが、まさにそれです。

パターにおいても腹筋だと思うほど、この軸が強い人は、飛ぶし、曲がらないし、パターもうまいです。

一番、顕著に現れるのが寄せですね、寄せでも、足場が悪くとも、必ずがっちり、ふんばって軸を安定させられますからね。

 

というわけで、当たり前のことなんですが、いかがでしょうか。

毎日、スクワットを10回を3セット、腹筋を20回のセットを3セット。30分かかりません。これ、毎日やるだけで、だいぶ変わると思います。3ケ月やってみてください。

それで、ゴルフの結果が変わったら、ご連絡、お待ちしてマース。自分では、もう実験できないので、ここは投げっぱなしで!

 

もっと飛ばせたかなー、この筋肉と柔軟性に気づいていれば。

www.keiaha.com

 (追記)

筋肉の量も大事だか、質も大事ということで。

www.keiaha.com