Kei’s Aha! ケイアハ

人の「やってみよう」を引き出せる人になりたいなあ

MENU

Webが変えた世界-シャツに血が付いた

Webのすごさは、簡単に言えば、人としての価値を高めることへの挑戦。

なんか、雄雄しいスタートだが、シャツに血がついたことからの発想。

ネットが普及したので[知識の価値]が、想像以上に下がってません? 

 

「白シャツ、血」で検索したら、まあ、出てくること、出てくること。

だいこんの汁だワイドハイターだ。もちろん、選択の義務は己にあるわけですし、情報の信憑性の審議はしなければなりません。

Web時代前だと、おばあちゃんに聞く、友人に聞く、などなどからはじめ、さすが、おばあちゃん、となった時代。。。はもう無いですよね。

おそらく、どこの記事や書籍でも、はたまたWebでも書かれているいまや当たり前の事でしょう、Web時代の到来、なんてね。Google先生、なんて皆、茶化してますけど、自分で実感して色々考えると、とんでもないことですよ、これ。

 

自分の価値自体、例えばややこしい税務処理を知ってて出来る、エクセルのすごい使い手であり、さまざまな関数を知っている、に付加していた価値がだださがりになってるじゃないですか。

 

乗り切る方法 - この過酷な時代を、君は生き延びることが出来るか?

知ってる、ではなく、出来る。

出来る、だけではなく、応用が利く、やり切れる。

Know や How to ではなく、Doに価値がある。

Didも価値がなくなって来てるのか? 体験談があふれてますものね、Webに。

 

新しいものを創造できない(ガンダムではなくジムだから)私には、これが生き延びる道なのか?

keiito.hatenablog.com

 

それでは、後ほど。