Kei’s Aha! ケイアハ

人の「やってみよう」を引き出せる人になりたいなあ

MENU

取締役の教科書: こんな時、取締役はどうすべきか?

いざというときに社長にはしごを外された。

「私が真意を理解していなかったからです、申し訳ありません」

 

意見や方針が真っ向から対立

表舞台で徹底議論はやってはいけない。「再検討し、次回再提案いたします」

半沢直樹は、実世界には存在しない。

 

頼りにしていた部下が辞めたいといってきた

「私は君を頼りにしている」で、モチベーションをあげる。いずれにしろ、弱音のときに部下がこのせりふを使うのが多いため。

 

部下が大クレームを引き起こした

クロージングが見え始めたとき、か、もしくは、部下が限界の決壊寸前のとき、に自らが、舞台の上のヒーローのように登場。面倒なことを起こしやがってと、切れてはいけない。

クレームの大きさに見合ったレベルで対応すべきという理由と、部下の訓練という理由。

 

ビジネススクールでは学べない 取締役の教科書

ビジネススクールでは学べない 取締役の教科書