Kei’s Aha! ケイアハ

人の「やってみよう」を引き出せる人になりたいなあ

MENU

前向き、Negative、Positive、反省、暗い

何度も書いてますが、私はPositiveバカが嫌い。

ただ、最近思うのですが、明るい、ことはやはり最大の人の資産だと思うのです。

私は、社交的でもないし、もともと明るいわけでもないし、パーティーとかでも色々話しかけてはいけない人です。

どんなにミスしても、暗いニュースがあっても、反省しないことは、絶対ダメだと思っています、ただ、そこで、別に暗くなる必要もないし、ふさぎこむ必要もないと思うようになりました。

明るく振舞う、前向きに振る舞いながらも反省すればいいじゃん、と思うようになりました。 日本で育ち、日本の教育(昭和の時代ですよ)を受けていると、廊下でばけつ持ちじゃないけど、みなの前での「見せしめ体罰」や、「反省しろーと怒鳴られたり」して、「反省を見せないといけない」という教育をされてきたと思います。

私は、欧米の初等教育を受けていないので、ここは想像なのですが、例えば、ミスしたね、じゃあ、今度はどういう風にすれば、防げると思う?良くなると思う?と聞くんだと思う。で、そこを真剣に考えてね、教えてねって具合かな? だから、そこでも前向きでないと、良い案は出てこないのだと思う。

精神論的な、反省しろー、だと、まあ、反省の色さえ見せとけばいいんじゃん、となる。で、そういう教育を受けさせられたから、反省の色を見せない人々にいらっとしちゃうんだよね、たぶん。

違う文化で、もう8年ぐらい、異なる文化の人たちと働いてきて、最近、やっとわかってきたかも?な事です。遅いラーニングスピードだけど、学べているからOKだし、Happyとしよう。