Kei’s Aha! ケイアハ

人の「やってみよう」を引き出せる人になりたいなあ

MENU

週末またいで上海旅/ 顔としゃべり方が丸くなったらしい編

上海で、以前の同僚のご家族にお昼のお鍋をお招きいただきました。

ご主人が、中国語のみなので、中国語の会話になってしまうのですが、私が帰った後でのご夫婦の会話で、私が丸くなったとの事。

 

以前は、周りがすべて敵でした。会社でも、友人でも、勝手に敵と見なしてました。

別に、攻撃を加える敵というわけではなく、会社ではだれよりも1番で、友人の中でも1番に元気でばりばりな人でなければならないと、勝手に思ってやってました。

だから、前の会社でも、友人も少ないし、そもそも友人がほとんどいません。

 

いつも、何かにいらいらしすぎだったんでしょうね。そして、人の文句ばっかり言ってたんでしょう。なんで、あいつがManagerなんだ、とかね。

 

もし、いらいらしてたり、満足していなかったりされている方がいて、それが人間関係だったら1つだけ、私の簡単な経験を。

ちゃんと、線引きすることです。この部分は、おれのせいじゃない、私のせいじゃないと。すべて、抱え込まなくていいんです。日本人気質でしょうか、私もでしたが、みんな自分のせいにしすぎです。反省や内省の度が過ぎてませんか? 

 

本当に、ご自身のせいですか?人のせいにすることは、勧められることではないかもしれませんが、責任等を、まずははっきりさせるのは大事なことだと思います。 

このたった1つの考えが、すべてを楽にしてくれてきたスタートだったような気が、今はしてなりません。いいんですよ、他人の評価なんてって思えれば、どんだけ強くなれるか、ですね、究極は。