Kei’s Aha! ケイアハ

人の「やってみよう」を引き出せる人になりたいなあ

MENU

【遊@上海】週末またいで上海旅/ 偽物市場と夜の世界編

ようこそ「ケイアハ」に、お越しくださいました、イトウケイです。

今回は、上海の街並みの変わり具合に驚いた話です。

コピー商品

偽物市場だった真珠城は、LVやシャネルなどは完全に姿を消してました。なんらかの衣服やサンダル等は、もちろんアバクロなんてのもありましたけど、勢いは失速。いわゆるブティック系(シャネル等)は、ほぼゼロ。

さすがにオリンピックだ、万博だ、ではまずかったんでしょうね。

DVDやCDは依然、元気でした。

でも、中国ならではなのかなー、それとも、まだ人は映画をDVD等で見るのかなー。FuluやRokuなどで見れますものね。

依然、バラエティーはすごかったです。米国、韓国、日本なんでもありでした。ありがたいのは、日本のお笑い系ですかね。

夜の世界

夜の世界は、完全に様変わりです。

呉中路は、いわゆる床屋(散髪しませんよ)は壊滅。一軒も見当たりませんでした。サウナは、値段がほぼ倍、もしくはランクわけされてたりして昔の3倍なんてのも。

皆、Wechatで情報のやり取りをしていて、マスのインターネットでのやりとりは、やばいんでしょうか、詳細な情報は、もう公には出さないみたいですね。これからは、知り合いの中国人がいないと、タイムリーな情報を得るのは、非常に厳しくなるかもしれません。

知り合いのほぼ、すべての中国人男性は、スマホ2台持ち。分かりやすすぎひんか、おまいら。。。

 

都市もこうやって変わっていくのかと、実感しました。

旅行もしかり、ロンドンに行ったとかLAに行ったというのもいいですが、90年のLAにいったとか、2000年のロンドンに行ったというふうになりますよね。

だって、今の上海のおもしろさは、5年前に比べれば半減、いやそれ以下ですよ。私個人の視点からすればですが。

 

今回のケイアハ!

皆さん、最近、旅に出ましたか? 

「アイデア(の質、量)は移動距離に比例する」"ハイパーメディアクリエイター"として知られる高城剛の言葉。