Kei’s Aha! ケイアハ

人の「やってみよう」を引き出せる人になりたいなあ

MENU

糖質制限ダイエットの停滞期の乗り越え方/炭水化物祭り開催の件

巷には色々なダイエットが紹介されておりますが、私自身が好むのはやはり糖質制限ダイエット、ライザップバージョン。前回も書いておりますが、トータルワークアウト方式は、もっと糖質というか脂質に厳しいです。いちおう、MEザップ中。

 

さて、糖質制限ダイエットですが、停滞御礼の時期です。1週間ほど全くといっていいほど体重が動きません。いらいらしてきました。甘いもの食い尽くしてやろうか、スイーツ祭り開催してやろうか、となって来ました、が。

禁断の1日炭水化物祭りに落ち着きました、で、やってみたご報告です。

 

用意するもの

発芽玄米3合(さすがに白米までは思いきれず)

いろいろな具(うまいみそ?と牛しぐれ煮が残り物であったのでそれで)

これでおにぎり7個完成。

 

一日、常温保存で、さあ、朝から晩まで、これしか食べませんでした(爆笑)。

なかなか、苦しくありませんよ。ボリュームがあるので、日本人だもの、米うまいっす。しかし、身体はどうなんでしょう。糖質の嵐でしょうね、身体は、おおおーーー炭水化物きたーなんでしょうか? そして、翌日は、完全に炭水化物抜きです。翌日の便は驚きますので、一応記載しておきます(処理し切れてない下痢状態)。

 

結果、すげえ。これ、ありです。3日経過してますが、1kg減り始めました。体脂肪率かわらずにです。

やはり、チートDay(炭水化物を入れてやる日)は必要なようです。身体が、糖質があると勘違いする為、というのが理由のようですが、良く分かりませんので、調査開始します。

 

人間は、飢餓や危険を察知するように出来ている。嬉しいことを得るよりも、悲しい・厳しい状態を避ける方向に、身体も脳も心もより動きやすいというのは真実のようです。快適状態なんだよ、大丈夫なんだよ、と脳をだましてあげることの重要性のようです。

なにが、普通かを得たもの勝ちですね、結局。周りにも影響される人間って、弱いものなのでしょうが、その弱さを利用して人生を変えることも出来るということですよね。

 

PS

身体実験は続行中、今度はアルコール抜いてみようかな。

禁酒セラピー [セラピーシリーズ] (LONGSELLER MOOK FOR PLEASURE R)

禁酒セラピー [セラピーシリーズ] (LONGSELLER MOOK FOR PLEASURE R)

 

 

それでは後ほど