Kei’s Aha! ケイアハ

人の「やってみよう」を引き出せる人になりたいなあ

MENU

マイオセラピーで健康な身体を目指す自己企画、第1回(90分コース)初体験のその後

マイオセラピーを体験しました。その後のヨガが、変わります。

f:id:KeiIto:20160825171529j:plain

keiito.hatenablog.com

4-5日ほど、背骨周辺がまさに傷の状態でしたが、軽くヨガを続けていました。

その後のヨガで、久しぶりにストレッチ系のクラス終了後の翌日の事です。なんと、

右の後背筋を痛めました。その後の4日間、後背筋を痛めたことによりまったくヨガが出来ませんでした。息を吸っても痛いという、絶望的有様でした。マイオセラピー危険だ。

 

では、ないのです、いい意味で危険なのです。

 

久々にヨガの柔軟クラスに出席しました。久々とはいえ、フローは同じでポーズも同じ、つまり、違いが歴然だったのです。別人の柔軟性を手に入れた私がいたのです。はい、調子に乗りました。ぐいぐいいきました。ツイストも、前屈も、もうまるで別人、見える景色も違います。にやにやしっぱなしです。はい、調子に乗りました。ツイストしすぎました。チーン。

 

マイオセラピーをすると、痛いという神経信号が出ない状態、または脳に届かない状態になるのでしょうか。筋肉なりのもうだめ、もうひっぱっちゃだめ、という危険信号が出ずにやりすぎたと、考えます。

 

すごいぜ、マイオセラピー、と考えた。時がたつと、首周りのゴリゴリがそういえば最近感じるぞ、術後は感じなかったのに。

次回、2016年9月中旬、第二回マイオセラピー祭り開催予定。