Kei’s Aha! ケイアハ

人の「やってみよう」を引き出せる人になりたいなあ

MENU

【体】ナイシトールの副作用?下痢と嘔吐と冷や汗。果たして、アルコールは関係あるのか?

ようこそ「ケイアハ」にお越しくださいました、イトウケイです。

アルコールとナイシトールの関係を調べると、色々出てきますね。特に、Yahoo知恵袋には、幾つか質問が上げられていましたが、決定打は結果なし、でした。

 

下記引用において、下線部が、今回起きてしまった症状です。

しかも2日連続の寝る前に。

 

これが、戦い。。。

「これが戦い アムロ」の画像検索結果

 

 

【要確認】ナイシトールの副作用と効果

ナイシトールでは、服用を中止すべき症状と、ただちに医師の診察を受けるべき重篤な症状にわけて、副作用について書いてあります。 服用を中止すべき症状

  • 皮ふの発疹・発赤、かゆみ
  • 胃部不快感、吐き気・嘔吐、食欲不振、腹部膨満、はげしい腹痛を伴う下痢、腹痛
  • めまい
  • 発汗、動悸、むくみ、頭痛

があげられています。
このような症状が出たら、ただちに服用をやめ、医師や薬剤師に相談してください。
また、頻度はまれではありますが、重篤な副作用症状が現れることがあり、以下の症状が記載されています。 

間質性肺炎階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空せき、発熱などがみられ、これらが急にあらわれたり、持続したりする。 

偽アルドステロン症、ミオパチー手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。 

肝機能障害発熱、かゆみ、発疹、黄だん(皮ふや白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振などがあらわれる。 

 

というわけで、一旦、使用を停止宣言。

だって、下痢による痔悪化がしゃれにならないレベルまで来ています。 

しかし、糖質制限×ナイシトールナイシトール×アルコールこの組み合わせは、1週間ほど前、つまりスーパー糖質制限を始める前に実施済みなので、私自身にとって害はないはず。 

 

となると、残された可能性は、スーパー糖質制限×アルコールスーパー糖質制限×ナイシトール この2つの可能性が残されています。

 

検証したいんだけど、怖い(笑)まさしく、人体実験モードに入ってる。。。

 

(追記)
その後ですが、やはり、ナイシトールが原因と思われます。もう一度、裏面を読み返したときに、ピンと来ました。「体力が充実しており」のくだりです。

 

やはり、スーパー糖質制限は、極度に血糖を落としますから、体力面で不安がでます。ライザップでも、無酸素運動(いわゆる筋トレ)しかしませんよね。このことから、スーパー糖質制限中は、有酸素運動は、すぐに使えるエネルギー(糖質)が不足しているため、というか不足している状態をわざわざ作り出しているからなのですが、非常に疲れを感じやすくなります

トータルワークアウトでも、始めの2週間は、有酸素運動なしです。2週間後、一旦、炭水化物を入れるメンテナンス期間があります。

その後、また、糖質制限をするのですが、2回目ですから、慣れているというのもあるのでしょう。トレーナーが、時期を見て判断しているようでしたが、筋トレワークの前に、早く来て、15分から30分の有酸素運動を行うように、という指示がありました。

 

今回のケイアハ!ということで、スーパー糖質制限中のナイシトールの服用は、厳禁。