Kei’s Aha! ケイアハ

人の「やってみよう」を引き出せる人になりたいなあ

MENU

【技】厳選!母音編: 重要な母音と超簡単な発音のツボ(英語勉強法)

ようこそ「ケイアハ」にお越しくださいました、イトウケイです。

f:id:KeiIto:20161101110625j:plain

英語の「勉強の方法」は、映画、オンライン、カフェ、本、何でも良いと思います。ただし、「英語の意識すべきポイント」は、前回のエントリーで述べたとおり、絶対に「発音」です。   

www.keiaha.com

 

今回は、母音に焦点をあてます。

英語の母音は、日本語の5つと異なり、短母音、長母音、二重母音。。。無数にあります。ですので、勉強範囲を絞ります。

母音o

口形:口全体を前に突き出すこと

発音:はっきりと「オーー」

例:all、law

違い「ou」これは「オゥ」

law「オー」とlow「オゥ」

母音I

口形:口角をおもいっきり裂けるほど横へ

発音:はっきりと「イー」

例:tea、tree、piece

違い「i」これは短く軽く「イッ」

Seat「イー」とsit「ィ」

母音iər

口形:自然は日本語の「い」の形

発音:イアーにならないように、はっきりと、イーァ

例:beer、hear

二重母音

上記で「イアー」にならにようにと記載したように、英語において、同じ音の「大きさ」と「高さ」で母音が続くことは、絶対にない。

 

例:

ばなな:バナナではなく、バナアーナ

大阪:オオサカ、ではなくオーゥサカ(オがあほみたいに声が大きく、かつ高い)

私は:ワタシは、ではなく、ヮタアーシは、(外人の日本語ものまねでよくあるやつ)

ライス:ライスという一定音程ではなく、ラアーィス

Play:プレイではなく、プレエーィ

Choice:チョイスではなく、チョオーィス

Take:テイクではなく、テエーィク

 

音の強弱と高低

日本語は、すべての母音を、「同じ音の大きさと高さ」で読む特性を持っている言語です。カタカナ英語の罪の部分が出てしまう言語。

しかし、一度、この違いに気づき意識さえしてしまえば、意外と簡単。この違いを意識するだけでも、絶対に英語の発音は、変わります

また、単語単位で意識が出来ないと、文章になった場合に「話せない・聞こえない」になる。

「音の強弱と高低の変化」に慣れること。日本語には、無い概念、これこそが、我々の英語学習を悩ませる元凶。

 

まとめ

  • 母音は、おおげさに、「はっきりと」の部分を意識すべし。
  • すべての母音を練習するのは、非効率。
  • 日本語音声と、最も異なる「母音の強弱と高低」に意識を向ける。

声を自分で出して、その音声を自分の耳で聞き、違いを覚えさせる。テープやCDの他人の声より、自分の声で練習すべし。10分で、充分。

舌の位置が、とか、あごを大きくとか低くとか、まずは、気にしないこと。とにかく、大げさにやること。 

使う筋肉が異なるため、慣れてない場合は、10分で疲れるはず、それで正解!

継続的に「意識を向けること、練習を少しでも続けること」が何より大切。

 

関連書籍

詳細は、下記書籍の1章、2章にあります。しかし、まずは、私のブログのコツで練習してみて、興味が出れば、発音関連の本は最低1冊は手元にあっても良いと思います。

 

1%理論、99%練習。Practice and all is coming.

「発音の練習をしよう。全ての英語スキルは、そこからやってきます」かな。