Kei’s Aha! ケイアハ

人の「やってみよう」を引き出せる人になりたいなあ

MENU

【体@タイ】バンコクホスピタルに行く! 海外でけがや病気になっても保険適用?

ようこそお越しくださいました、イトウケイです。。

今回は、海外で病気になった時に、病院に行くと高額な医療費がかかるので、行かない!とか我慢する!という話を聞きますが、実際のところは、どうなのか?を考えます。

効果と、費用及び保険等の面で考えてみます。

ちなみに、今回のバンコクホスピタルは、超オススメです。施設がきれい、日本語カウンターがある、丁寧な診察をしてくれました。薬は、おみやげか?ぐらいの包装感。

丁寧な親切は、今回はあまりして欲しくなかったのですが、恥ずかしくて。その答えは、病名にあり。記事の最後に、病名絶賛公開。

f:id:KeiIto:20161106133119j:plain

f:id:KeiIto:20161106133402j:plain

f:id:KeiIto:20161106133124j:plain

 

地元の薬は効く。

今回とは異なりますが、インドで、高熱にやられた時(38度越え)はさすがに、病院にいきました。お尻に、ぶすっと、筋肉注射を漫画みたいに打たれましたが、あら、不思議、1日で本当に治りました。

請求額は、600円弱。未だに、ネタで話しています。

 

精神的安定が得られる。

やはり、お医者様に診てもらえるのは、ありがたいと思うのです。彼らが、単なる風邪といえば、それなりに安心すると思うのです。

 

通常診療は、びっくりするほど高くない。

今回の病気ですが、日本で先々月に、健康保険を使って診療しましたが、4,060円でした。今回が、5,100円程度。そんなに変わりません。

マレーシアやインドでも通院経験がありますが、そんなに高くないです。相当、海外の病院にいってます。

最もそして、唯一まじか?と思う「高額」だったのは、アメリカの歯医者。診断だけで、2万円ぐらい取られました。高額すぎで、歯科治療は保険適用外でしたので、結局は、緊急帰国し、前歯の神経治療を、日本で行いました。

 

今回のケイアハ!

海外で、高額だから、と医者を呼ばなかったり、病院に行かないのは止めるべし。注射や投薬は、どの国の病院か、にもよるが、そんなに言われるほど高額にはならない印象。

保険は、絶対に加入すべし。普段の腹痛や頭痛のためではない。脳梗塞等が起きた時は、冗談抜きで、高額(ウン千万円単位)になります。海外保険付きクレジットカードが、基本的にはオススメ。

③保険に入った後は、どの範囲がいくらまで適用されるのかは、確認しとくべし。特に、歯科治療は、適応外が多いので注意が必要。

 

 

ちなみに、病気はこいつです。治らない、本当に。

www.keiaha.com