Kei’s Aha! ケイアハ

人の「やってみよう」を引き出せる人になりたいなあ

MENU

ガンダムフロント東京で、絶対に見過ごしてはいけないもの3選「ネタバレ」(有料ゾーン含む)

あたりまえかもしれませんが、平日に行くことを強くオススメします。

 

見過ごしては絶対にいけないもの

  1. ガンダムフロント東京利用の心得 ギレンザビ編
  2. ガンダムゲーム30周年のポスター
  3. 初代ガンプラの躍動感のなさ加減

 

1.ガンダムフロント東京利用の心得 ギレンザビ編

いきなり有料ゾーンで、非常に申し訳ないのですが、これこそ絶対に見て欲しいもの、堂々の1位。私、大爆笑と同時に、やるなー、このウイットな感じの仕上げ方がたまらんなーと、感動すら覚えていました。ドームで上映される作品よりこれです!

f:id:KeiIto:20161115111451j:plain

 

2.ガンダムゲーム生誕30周年のポスター

これは、ぎりぎり無料ゾーンからでも見ることは可能ですが、できたらじっくり有料ゾーン出口付近からの「がんみ」をオススメします。

f:id:KeiIto:20161115111643j:plain

 

ポイントは3つ。

  1. すべてが、小さなゲームの映像写真からできている。
  2. ガンダムの右目部分の赤色が、超かっこいい。逆襲のシャアの名場面
  3. 向かって左下に、アメリカでのみ発売された実写版ガンダムゲームの1シーンの実写シャアが使われている。だれやねん、きみ?

f:id:KeiIto:20161115111520j:plain

3.初代ガンプラの躍動感のなさ加減

すべての初代のガンプラが展示されているのではないでしょうか?

その中でも、特にギャンの躍動感の無さといったら半端ないです。マンガの中の動きとは、正反対。

この躍動感がグレードを重ねるたびに出てくる「進化」も、ガンプラ発展の見所のひとつです。ふーん、ではなく「じっくり、ねっとり」とガンプラを見てみましょう。特に、同じ機体をグレードごとに見比べるのは、非常に興味深かったです。

 

コックピット写真が取れるMSは、ストライクフリーダムガンダムじゃなくて、そこは、ガンダンクだろうよ、と思ったのはワタシだけではないはず。しかも、「2人乗り仕様のガンダンク」ね。

 

 

私、完全にガンダム0079派であり、ギレンザビが大好物である点は、ご了承ください。

www.keiaha.com

 ガンダム風にアレンジした、2日間の戦いの記録。www.keiaha.com