Kei’s Aha! ケイアハ

人の「やってみよう」を引き出せる人になりたいなあ

MENU

【考】企業価値と事業価値と株主価値と株式時価総額の違い、本当にわかってます?(経済の仕組み)

ようこそ、「ケイアハ」にお越しくださいました、イトウケイです。

今回は、企業の「価値」ってなんだろう?企業の「価格」ってなんだろう?を考えます。

 

f:id:KeiIto:20160926131350j:plain

 

価格と価値の違いとは?、企業評価とは?

企業価値=事業価値+非事業用資産の価値

企業には、本来の企業活動に関わる資産と関わってない資産に分けることが可能。

関わっていない資産を、難しい言葉で「非事業用資産」

定義は、「事業の用に供していない資産で、売却処分しても事業価値に影響を与えない資産」

 

取得原価主義という、取得原価で資産を計上するという、絶対的ルールが今は存在する。この存在の為に、決算書や財務諸表から、物事を「時価」で考えることが不可能。株価は、ご承知の通り、その時の「時価」。

ここで、みなさん、頭の中が、ぱにくる。

企業価値=株主価値+債権者価値

債権者価値とは、つまりは有利子負債。返さなければならない借金としておきましょ。これは、少し、BS(貸借対照表)を知ってる方は気づきます。そう、右側のまんまです。負債と資本のイメージです。

この株主価値が、世界中の人々が全く同じ情報、意見や考え方を持っていたとしたら、株式時価総額とイコールになるべきものなの。価値時価が同じ。

しかし、通常、価値と時価に差が、出る。

これが、割安とか割高という意味につながる。

 

株主価値=企業価値ー債権者価値(有利子負債の額)

企業価値=事業価値+非事業用資産の価値

上の2つの式から、

株主価値=事業価値+非事業用資産の価値ー有利子負債の額

そして、この「株主価値」と「株式時価総額」に差異が出る。

これが、何度も言うが、割安、割高と呼ばれる。

つまり、「株主価値」が「超正確」に計算できれば、今の株価(時価)と照らせ合わせて、「割安か割高か」の判断が可能。

「割安」を買うことで、投資の勝ちのチャンスを増やすということが、株式投資で勝つ、ということ。

 

株主価値の計算

株主価値を、直接計算するのではなく、事業価値を計算する。その事業価値を計算するのに使用されるのが、DCF法。

事業価値を計算した後、事業価値に非事業用資産の価値をプラスし、有利子負債の額をマイナスすれば、株主価値になるのは、上記の計算式の通り。

 

DCF法(ディスカウントキャッシュフロー法)

DCF法とは、ディスカウントキャッシュフロー法のことで、収益資産の価値を評価する方法の 1 つ。DCF法で計算するのは、何度も言うが「事業価値」。

 

DCF法の理解は、1日1個、極上卵を産む鶏、今あなたなら、いくらで買います?です。さて、どう考えましょう?

1個の卵、いくらで売れるんだ? 100円かな?

いつ死ぬんだ、この鶏? 10年後かな?

いくらもうかるんだ?

あくまでも例ですが、生存期間が5年と10年でも全然、違うでしょ?

しかも、卵の値段が100円で売れる?いやいや、ブランド化して、1,000円で売れるよ、では、大違い。

でも、「前提」を置けば、計算できるのです。

この前提が、上で書いた「超正確」に関わる、そう、結局は、だれも120%言い当てられないところの「前提」の置き方で変わる。

この卵が、1個1,000円どころか、10,000円でも売れるんじゃないのーとか、無謀でありえないと皆が心の底で思う事が、巷ではまことしやかにそうかも、なんて思われだすと、いわゆるバブル経済のスタート。

冷静な時に、チューリップの球根に、100万円、払います?

 

友人に、テーマを頂きましたので、書き始めますが、難しいです、このテーマ。

経理や財務等、私がさせて頂いている仕事に関わっていない人が、株式投資を、どういう風にするのか、しているのか、本当によくわからないのです。

誰かのコメントの割安なんてのを見て購入したり、上がった下がったで購入したり?

ギャンブルですよね、それ。

このパチンコ台は、昨日出ているから今日は出ないとかと、変わりませんよね、考えかた。。。

ある意味、私は、どっぷりはまりすぎてます、この世界に。

ぜひ、できるだけ、簡単にこのあたりをブログでおいおい説明してみます!

www.keiaha.com

おりこうさん おばかさんのお金の使い方 (ソフトバンク文庫NF)

おりこうさん おばかさんのお金の使い方 (ソフトバンク文庫NF)

 

 

今回のケイアハ!

株式投資は、あくまで投資であって、投機ではないはず。

 

このブログを書いてます、イトウケイです。

よろしくお願いします。

www.keiaha.com