Kei’s Aha! ケイアハ

人の「やってみよう」を引き出せる人になりたいなあ

MENU

家電芸人@アメトーークに補足する関西人の家電の賢い買い方

できるだけ安く買いたい、当たり前ですが、これがなかなか難しい。しかし、幾つかのテクニックで確実に安くなると思います。浮いたお金で、スイーツ買えちゃう!

f:id:KeiIto:20161216100301j:plain

場所

家電量販店の密集地帯にいく。例えば、有楽町のビックカメラより、池袋や新宿のほうが多店舗があるので、値引きしやすいです。有楽町のビックカメラの徒歩圏内には、競合が存在しないのです。

店員さんとは、絶対に仲良くすべしです。ここで敵対関係を作ってどうするのでしょうか?価格交渉やお願いをするのであって、恫喝するのではありません(笑)。関西では、結構見かけます。「なんで、もうちょい安うならんねん!」。いや、それ、恐喝(汗)

値下げ権限は、裏のボスが持ってることが殆どで、接客をしてくれた方が持っているのは、まれ。その時期に出回っているクーポン等を、めちゃくちゃ駆使してくれる店員さんは良し!これは、権限内というか、クーポンを使ってくれるだけだから。なので、仲良くしないと行けない。

言い方

「XXX円にしてくれたら買います!」ということ。

値下げして、というあいまいなことは言わないほうがまし。「38,500円にならんかな?あなたから、買いたいんだ」とか。具体的に。

Kakaku.com等は出さない。丁寧に印刷までしたり、スマホで見せたりしている人を見かけるが、駄目な方法。あくまで、実店舗が競合であり、ネットの料金は言わないほうが良い、ムードが壊れる。

複数商品の時

単品で交渉しまくってから、さらなるもう一歩の最後のダメ押しをすること。最後の一歩は、経験上、ポイント増し等のほうが、成功率が高い。

いつ

ずばり、平日の雨の夕方!

おそらく、1日の売上げがあると思われ、売れ行きが伸びない時は、平日の雨の日。結構、大きな買い物の場合は、ボスが直接出てくる時もあるぐらい、値下げ交渉に乗ってくれる。

 

皆様も、ぜひ、Win-Winの価格交渉を、お楽しみ下さい。