Kei’s Aha! ケイアハ

人の「やってみよう」を引き出せる人になりたいなあ

MENU

【飛@シンガポール】SQのプレミアムエコノミーが凄すぎ!アップグレードは、絶対に一考の価値あり

ようこそ、「ケイアハ」にお越しくださいました、イトウケイです。

今回は、シンガポール航空のプレミアムエコノミーの登場記です。 

座席位置

今回はA380-800でのプレミアムエコノミー席になります。

エコノミークラスで、3−4−3の10席の横配置ですが、2−4−2の8席のフォーメーションになっておりました。

1階の31番から34番席が、プレミアムエコノミーの座席番号です。

f:id:KeiIto:20170918190935j:plain

一番の驚きは、足元が広い。

背もたれを完全に倒せば、身長180cmを超えている私でも、苦になりません。

フラットシートが出る前の、ビジネスクラス並みと言っても過言ではありません。

f:id:KeiIto:20170918190939j:plain

f:id:KeiIto:20170918190953j:plain

あとは、本当にこの座席の作りが、気が利いています。

座席全面のこのポケット、充電中のスマホを入れるのに最適な場所にあります。

f:id:KeiIto:20170918191654j:plain

また、ドリンクボトルを入れる場所も足元に。便利極まれり。

f:id:KeiIto:20170918191700j:plain

アメニティー

アメニティーはヘッドフォン・毛布・枕・ミネラルウォーターです。ヘッドフォンや毛布・枕はエコノミークラスにもありましたが、プレミアムエコノミーの方が上質。

歯ブラシや靴下は、ちょっぴり便利で嬉しい心遣い。

f:id:KeiIto:20170918191646j:plain

f:id:KeiIto:20170918190944j:plain

モニターは13.3インチでめちゃでか。
驚いたのは、角度を変えることが可能なので、素晴らしく快適な角度で映画が見れます。しかも、映画の数が他の航空会社とは比べ物になりませんので、飽きません。そういえば、SQの時だけ、自分がダウンロードして持ち込んだ映画やTV録画を見ないものです。

f:id:KeiIto:20170918190949j:plain

食事

やはりシンガポールスリングでスタートです。

f:id:KeiIto:20170918191641j:plain

食事に関しては、また別記事にて。

なぜなら、今自分の中で流行っている、スペシャルミール祭りを、このエコノミープラスでもやってみたのです。

さて、SQのプレミアムエコノミーには「プレミアムエコノミー ブック・ザ・クック」という機内食を事前に指定できるというサービスがあるのです。
シンガポール航空の機内食は、普通に満足度が高いのですが、さらに事前に自分好みの機内食が選択できるという優れものです。

24時間前までにご自身でシンガポールのHPより選択が必要となります。選択をしなかった場合は、当日のメニューの中から選択することになるので、必ず忘れずに機内食の事前指定を行いましょう。

サービス

シンガポール航空です、文句なしに最高です。

今回のケイアハ!

シンガポールのプレミアムエコノミーは、旅の選択の幅を広げてくれる。

6時間を超えるフライト、いや8時間を超えるフライトは、身体の為に、基本的にはビジネスクラスを選択するのですが、このプレミアムエコノミーでの8時間は、苦になりませんでした。

日本から、欧州方面やアフリカ方面であれば、日本から直行便でビジネスクラスを選択するよりも、シンガポール経由で、プレエコ選択の方が、お金が助かる気がします。

 

ANAの長距離ビジネスクラスが素敵すぎ。 

www.keiaha.com

www.keiaha.com

 

UAのビジネスが。。。 

www.keiaha.com

 機内食いろいろ 

www.keiaha.com

 ANAビジネスラウンジ

www.keiaha.com

 マイレージ発端記事です。

www.keiaha.com

さあ、旅に出よう。

www.keiaha.com

www.keiaha.com

 ルフトハンザ航空747のビジネスクラス

www.keiaha.com 

www.keiaha.com