Kei’s Aha! ケイアハ

人の「やってみよう」を引き出せる人になりたいなあ

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); MENU

【考】5年ぶりぐらいだと思う、邦画でまじでアラフォーのおっさんが号泣した、その映画とは?

ようこそ、ケイアハにお越し下さいました、ケイです、イトウケイです。

今回は、号泣についてです。

映画名

祈りの幕が下りる時

シリーズとして

阿部寛主演、東野圭吾原作による「新参者」シリーズの完結編。東野の人気ミステリー「加賀恭一郎シリーズ」第10作の映画化で、2010年に放送された連続ドラマ「新参者」、2本のスペシャルドラマ、映画「麒麟の翼 劇場版・新参者」に続き、阿部が主人公の刑事・加賀恭一郎を演じる。父との確執、母の失踪など、これまで明かされることがなかった加賀自身の謎が明らかとなる。(映画.comより)

あらすじ

東京都葛飾区小菅のアパートで滋賀県在住の押谷道子の絞殺死体が発見された。

アパートの住人も姿を消し、住人と押谷の接点は見つからず、滋賀県在住の押谷が東京で殺された理由もわからず捜査は難航する。

捜査を進める中で加賀は、押谷が中学の同級生で演出家の浅居博美をたずねて東京にやってきたことを突き止めるが……。(映画.comより)

俳優陣

演出家の浅居博美役を松嶋菜々子が演じるほか、山崎努、及川光博、溝端淳平、田中麗奈、伊藤蘭、小日向文世らが顔をそろえる。監督は「半沢直樹」「下町ロケット」「3年B組金八先生」など数多くのヒットドラマを手がけた福澤克雄。(映画.comより)

おすすめ

やはり、主人公の親子関係がありますので、前作の映画「麒麟の翼」ぐらいは、先に見たほうがよいです。

これ、まるっとですが、わかりやすいです。

言いたいこと

すごい俳優陣なのですが、号泣させられたのは、小日向文世氏の演技なんです。

なんですか、この人。

たしかに、アウトレイジ等で、様々な作品ですでに一流の方ですが、この人の演技は、本当に、一気に持っていかれました。

せつない気持ちと楽しい気持ちの「はざま」の演技と言いましょうか、2つの気持ちや感情を、ここまで同時に演じられる人っているんでしょうか?

アウトレイジも、悪と善(たまに見せる、刑事つら)のはざま、の演技だったように思えます。

小日向文世 - Wikipedia

今回のケイアハ!

映画って、主役はもちろんなんですけど、その脇役の人でここまで変わるのかということを思い知らされました。

会社も家族もスポーツもそうなんでしょうけど、役割ってやっぱり大事なんですね。

 

祈りの幕が下りる時 Blu-ray通常版

祈りの幕が下りる時 Blu-ray通常版