Kei’s Aha! ケイアハ

人の「やってみよう」を引き出せる人になりたいなあ

MENU

【技】瞑想は人生を楽にする技術、知って損なし!気になった瞑想の本と簡単なスタート方法

ようこそ「ケイアハ」にお越しくださいました、イトウケイです。

今回は、瞑想本のメモです。

瞑想、ここ年の間には確実に、はやると思います。

きっかけ

私は、いらいらしまくる人です。 部下にもきつい。

ヨガを始めて、瞑想ではありませんが、初めと終わりに1分ほど、ゆったりとした時間がある。

瞑想だ、マインドフルネスだ、とまじすぎるのは、とっつきにくいですよね。そこで、ビジネス関連書籍の書棚で、わかりやすい1冊を見つけたので、さらっと読んでみました。その、本レビューです。 

1分コース/感謝の想起

楽な姿勢で座り眼を閉じる。

手は自由な形で膝の上に、手のひらは天井に向ける。

眼を閉じたら意識を胸の中央に向け、感謝の気持ちを感じていく。

すでに与えられている事柄、ありがたいと感じることを一つ一つ思い浮かべてみる。

社会のセルフイメージは消え去り、純粋な自分という存在に戻る。

自ら作り出した様々な制限から開放される。

引き寄せの瞑想

「私の欲しいものは何?」

心からの答えに耳を傾ける。

もう一度、自問する、

「私の欲しいものは何?」

心からの声、思い浮かぶ言葉やイメージに注意を払う。

「この人生において、私が本当に望んでいることは何?」

3回目の問いをかけを終えたら、全てを手放します。

特定の答えを得ようとせず、大いなるものに全てを委ねる感覚を味わう。

5分コース(鼓動を感じる)

楽な姿勢で座り眼を閉じる。

手は自由な形で膝の上に、手のひらは天井に向ける。

眼を閉じたら意識を胸の中央に向ける

自身の鼓動(心臓音、感覚、なんでもOK)を感じる。

両手に意識をむけ、指先で鼓動を感じる。

指先から、意識を胸の中心へ再び戻す。

4つの言葉を繰り返す、「平和」「調和」「笑い」「愛」

意識は胸の中心に向けたまま、口は動かさず、この4つの言葉を1分ほど、繰り返す。

ここまで4分とし、1分コースの感謝の想起を行い、身体をリラックスさせたら、ゆっくり眼を開ける。

今回のケイアハ!

この世は、優しい愛にありふれた桃源郷ではない。いやなこと、いらいらすること、嫌味をだれかに言われること、想像もしていない不幸なことが突然起こること、すべて残念ながら逃げられない、避けられない。

そんな中で、自分の心、考えを落ち着かせる術、コントロールする術は、人生を少しでも生きやすいようにする為に、習得して損はなし!

世界のエリートはなぜ瞑想をするのか

世界のエリートはなぜ瞑想をするのか

 

(追記)

本記事は、2016年1月に初稿したものを、2017年6月にリライトしたものです。

 

ヨガからの瞑想

www.keiaha.com

www.keiaha.com

www.keiaha.com

www.keiaha.com