Kei’s Aha! ケイアハ

人の「やってみよう」を引き出せる人になりたいなあ

MENU

【宿@名古屋】カプセルホテルを名古屋で探す!西アサヒでどうでしょう ★★☆

ようこそ「ケイアハ」にお越しくださいました、イトウケイです。

今回は、名古屋にあります西アサヒの宿レポになります。

突然、結婚式に呼ばれ、どうしても1泊せざるを得なくなり、前評判のよい西アサヒに宿泊してみました。

総評

★★☆で再訪すると思います。

詳細

  •  住所:名古屋市西区那古野1-6-13
  • TEL:052・551・6800
  • アクセス:名古屋駅より徒歩20分。地下鉄国際センター駅から徒歩5分
  • 喫茶・食堂営業 11:30~23:00(月・第3日休)

立地

若干のウィークポイント。

場所は名古屋駅と名古屋城を結ぶ円頓寺(えんどうじ)商店街の一角です。

少し駅から離れています。名古屋駅より徒歩20分ですので、これはなし。地下鉄国際センター駅から徒歩5分、これが妥当な方法だと思います。

f:id:KeiIto:20171025123032j:plain

周囲はおしゃれな飲食店があって、活気づいてます。

f:id:KeiIto:20171025123059j:plain

f:id:KeiIto:20171025123102j:plain

f:id:KeiIto:20171025123035j:plain

ベッドの寝心地と寝具

民宿のようなゲストハウスです。

カプセルの形なのですが、木で組み込まれているので、なんとなく「ぬくもり」を感じるのと、大きさも、東京のカプセルより一回り大きくて快適でした。

f:id:KeiIto:20171025123526j:plain

f:id:KeiIto:20171025123529j:plain

シャワー、トイレ

シャワーが2台です。冬になると暖房がつくのかどうか、よく分からなかったのですが、外への窓に相当近いため、寒さを覚えました。冬はきついかなーというのが、正直な印象です。

f:id:KeiIto:20171025123511j:plain

f:id:KeiIto:20171025123549j:plain

接客サービス、スタッフ

1階が、知る人ぞ知る有名な喫茶店(らしい)。

名古屋の老舗喫茶店「西アサヒ」だったそうです。

「西アサヒ」は昭和7年(頃)にオープン、名物のたまごサンドがテレビの「きたなシュラン」でも紹介される等、地元の人にも観光客にも愛されてきた喫茶店らしいのです。

店主の体調不良のため、平成25年から休業していましたが、「喫茶、食堂、民宿。西アサヒ」としてリニューアルオープンを果たしました。それが、この宿というわけです。

で、喫茶店の入り口で、チェックインなのですよ。知らずに2階まで行って、1階に逆戻りで、若干の「いらっ」です。

2階にあがると、いきなりこのような風景(笑)

f:id:KeiIto:20171025123731j:plain

f:id:KeiIto:20171025123742j:plain

1階へ、逆戻り。

f:id:KeiIto:20171025123318j:plain

洗濯機と乾燥機

シャワーの横に完備です。

f:id:KeiIto:20171025123337j:plain

朝食

もちろん、名物「卵サンドセット」900円です。

ふわふわの卵が、めちゃくちゃ食感が、刺激されてGoodです。

しかし、味が若干薄い気がしました。濃い味になれてしまっているのか、3つ目が飽きてしまいました。ポテンシャルロスな気がします。

f:id:KeiIto:20171025123647j:plain

f:id:KeiIto:20171025123649j:plain

f:id:KeiIto:20171025123651j:plain

コスト

1泊、3240円でした。ありありです。

今回のケイアハ!

名古屋は、カプセルというか、ドミトリーでこの、西アサヒのように個性的なところが多くあるようです。街として、魅力的ですね。

大きな荷物(トランク)は、階段で2階に上がらないといけない、置き場所が寝室とは別となり、不便を感じるかもしれません。

 

www.keiaha.com

www.keiaha.com

www.keiaha.com