Kei’s Aha! ケイアハ

人の「やってみよう」を引き出せる人になりたいなあ

MENU

【体】もっと早くに試すべきでした、人生損した。胃カメラは、鼻からと鎮静剤が決め手。

ようこそ「ケイアハ」にお越しくださいました、ケイです、イトウケイです。

今回は、おそらくほとんどの方が嫌いであろう胃カメラのお話です。

初体験

すべては、これが悪いのです。

座らされ、のどに麻酔をし、横になって胃カメラ。看護士さんが4名がかりでまじで心配して、背中をさすられまくり。

記憶を失った酒のほうがまし、ぐらいえずく、本当にやめてくれと泣いて叫んだ初体験。

胃カメラが良い理由

  1. 結局、健康診断で、再検査が出ると、胃カメラへ回されるわけですよ。
  2. また、バリウムのげっぷ我慢大会が最近になってつらい。
  3. 食道の問題は、バリウムのX線では、発見できない

わかっちゃいるけど

しかし、あの悪魔の初体験から、どうしても踏み切れません。

で、ここ3年で試した2件をご紹介。

1. 鎮静剤使用の口から胃カメラ

とにかく、マウスピース(強制的に口をあけさせて、そこに管を通う悪魔の器材)を噛んで、そこを胃カメラが通過。

横になってますが、もう最悪。よだれだらだら、ちょっとしたやばい人。

えずく、えずく。

しかし、その後、記憶はまったく飛んでます。本当に、まったく覚えていません。

起きたら、違う部屋でした(爆笑)。めがねも、ちゃんと横にあったよ。

2. 鎮静剤使用の鼻から胃カメラ

これが、最高でした。横になって、鼻にプラスチックのような管が通されます。

これが通ればOKとのこと。局部スプレー麻酔&ゼリー麻酔の後、管貫通!おめでとう!

その後、カメラが入ってきますが、それに併せて鎮静剤の量を増やしていったのでしょう。なんとなく、所々の記憶はあるのです。前回のような、パッキーーンな感じの記憶喪失ではありません。

おそらく、状態を見ながら、鎮静剤の量を計算して入れているのでしょうか?記憶喪失ではないので、まだ安心感があります。

色々と、サインさせられるじゃないですか?鎮静剤使用に伴うリスクがどうのこうのと、さすがにサインは怖いのですが、ここは乗り切ってサインをお勧めします。

f:id:KeiIto:20171113170119p:plain

メリット

  1. 食道も検査可能。
  2. ピロリ菌の検査も可能。
  3. 細胞検査も即時に可能。

行った2件

大阪近郊であれば、この2件が有名で実際に行った医院ですので、リンクを張っておきます。

www.yukawa.or.jp

www.drhayashi.net

大阪まで行けるかー、ですよね。その場合は、これらのHPをご覧頂き、雰囲気をつかんでいただきたく。同じような病院をぜひ、お近くで探してみて下さい。

これからは、私もバリウムやめて、いきなりの胃カメラでいきます。

そう、もう恐れるに足らず!!!立てよ、国民!!!

今回のケイアハ

胃カメラに勇気を!

 

病気シリーズ

www.keiaha.com

www.keiaha.com