Kei’s Aha! ケイアハ

モチベーションなんて邪魔なだけ、仕組みを味方に

【知】会計スキル!経理や会計を優しくする資産負債アプローチ。2勘定(要素)のみ

f:id:KeiIto:20160926131350j:plain

この記事では、会計の勉強法の1つである「資産負債アプローチ」について紹介します。会計や経理を勉強したいけど、なんだか難しそう、とっつきにくい、と思いますよね。

そんな思いを解決するのが、資産負債アプローチです。資産負債アプローチの考え方で、会計や経理に興味を持ってもらえると思います!

会計の5要素 

会計は、資産、負債、資本、収益、費用の5要素と言われます。

いきなり5つは無理です、無視しましょう。

まずは、資産と負債だけの2つで、十分。5勘定を一気に考えさせられるので、難しくなるのです。

資産勘定とは

資産は、財産です。

  • 現金
  • 売掛金(いわゆる掛売り/ツケですね、モノは渡したけどまだお金もらってない)
  • 有価証券(株と思ってください)
  • 車両(車です)
  • 建物(家とかビルとか工場)

なんとなく、分かりますよね。なんとなくで良いです。

少し詳しい方は、「繰延資産は?」などとチャレンジしてこられるのですが、そういうことを、後回しにすべきなのです。

新入社員研修でも、手をあげて発言されるものですから(笑)困ります。

負債勘定とは

負債勘定は、そのまま負債です。返済しなければ追いまわされるもの、とイメージしてください。

  • 借入金(借りたお金、そのままです)
  • 買掛金(売掛金の反対、ツケ(後払い)で何かを購入した時)
  • 未払金(これもツケ(後払い)今は、買掛金と同様とします)
  • 支払手形(これもつけみたいなものです、支払わないといけないんだ、で理解)

資本勘定とは

「資本とは、資産と負債の差額」これがまず、コツです。

財務諸表を実際見られた方は、資本の中身を見たことがあるかもしれません。

  • 資本金(なんとなく分かる、出資とか言うし)
  • 資本剰余金(過剰に余るの?何が余るの?)
  • 利益準備金(なにに準備するの?)
  • その他剰余金(その他って何の他?)

もう、ちんぷんかんぷんでしょ。はい、絶賛無視してください。

もう一度言います、「資本とは、資産と負債の差額」です。

具体例

では、この資産と負債の2つだけを頭に入れて、まずは、以下の文書を考えてみます。これが、「仕訳をきる」と言うこと、今は「なんか経理的に、文章を考える」でOKです。

  • 資産XXまたは負債XXが、何円増えた(減った)
  • 差額があるのか、ないのか。
  • あるなら、何円でその差額は、「出資から」なのか「出資からではない」のか。

①A氏は、100万円の現金をアパレル販売会社の設立に使った。

この場合、会計は「会」社の「計」理で「会計」ですから、会社は100万円受け取ってます。

確かにA氏のものに思えますが、渡した時点で会社のものです。とにかく「会社の立場」で考えてください。

→資産(現金)が100万円増えた。

→負債(返済の義務)は増減しない。

→その差額100万円

→その差額は、「出資から」増えた。

 この出資を資本と言うのでした。なぜなら、資産と負債の差額ですから。

②会社は、100万円では資金が足りないので、50万円を銀行から借りた。

→資産(現金)50万円が増えた。

→負債(借入金)50万円が増えた。

→差額はゼロ。

③会社は、売るために、プレミアムスニーカーを70万円で仕入れた。

→資産(棚卸資産/商品)が70万円増えて、資産(現金)が70万円減った。

→負債は増減しない。

→差額はゼロ。

④会社は、仕入れたスニーカーを130万円で売却した。

→資産(現金)が130万円増えて、資産(棚卸資産/商品)の70万円が減った。差額60万円。

→負債の増減はなし。

→その差額60万円

→その差額60万円は、「出資からではない」

この「出資からではない」場合を、利益剰余金というのですが、この日本語のセンスがなさすぎ、なのです。

英語では、Retained Earnings (RE)と言います。留保利益が直訳なのでしょうが、ここは、累積利益と訳します。簡単に行ってしまえば利益(もうけ)です。

「出資からではない」を、では何からか、となるので、「RE」(もうけ)と置き換えます。

 

これら4つの仕訳から、資本は、160万円(100万円の出資資本金と60万円のRE)になっています。単純に、4つの取引の資本の合計です。

現金は210万円で、負債は、借り入れた50万円でした。これで、バランスしていることが分かりますね。210万円(資産)ー50万円(負債)=160万円(資本)

「仕訳を切った」と、もう言っていいのです。

 

一応仕訳を、下記に書いておきます。

①資産(現金)100万円/資本(資本金)100万円

②資産(現金)50万円/負債(借入金)50万円

③資産(商品)70万円/資産(現金)70万円

④資産(現金)130万円/資産(商品)70万円と資本(RE)60万円

 

さて、貸借対照表は、英語でバランスシート(Balance Sheet=BS)と言います。絶対にバランスします。なぜなら、差額が資本(出資からの資本金とRE)と考えるからです。

 

この考え方を、資産負債アプローチ(BSアプローチ)と言います。

私自身、日商簿記1級に合格した後で、海外でこのAccountingの授業の1回目を聞いた時は、本当に衝撃でした。80人クラスでした。経理の専門化は、その時、私とインド人の2人でした。つまり、78人は、いわば経理の素人、その78人へのAccounitngのスタートの教え方がこれだったのです。

専門書や専門学校等での学習の弱点

日本の簿記専門学校では、とにかく仕訳を、覚えなさい。覚えないから合格できないんです、と言われます。皆、一生懸命、暗記しまくります。

会計、つまりは、仕訳がおもしろくない理由は、先に言った5要素を一気に与えられて、複雑な仕訳のパターンをひたすら覚えさせられるからなのです。だれだって、一気にいやになりますよね。

 

ですので、まずは、資産と負債の2勘定で、基本中の基本を、頭に入れるべきなんです。そうすれば、仕訳は「覚えるもの」ではなく「考えるもの」に劇的に変化します。これこそが、私が伝えたいことなのです。

終わりに

私の経験上、経理や財務や会計士の世界の方々は、とにかく「説明が下手」。

自分の知識なりをひけらかしたり、分からないと言われるのが怖いのか、まやかしに走り勝ち=難しい言葉を使いすぎ。

で、「さすが」といわれるかと思いきや、経営陣や先輩、そして同僚から言われる、「あいつは使えない、経理バカだ」と。

残念ながら、殆どのケースがそうなのです。

そのような偉そうな人たちは無視して、どうか、経理や会計を怖がらないで学習してください。財務スキルは、資本主義のルールの中では、絶対必須のスキルなのですから。

 

経理や会計の仕組みよりもよりも 手っ取り早く理解したい方はこちらからどうぞ。

www.keiaha.com

 

経理や会計の仕組みに興味をもたれた方への「書籍紹介」

いきなり、簿記3級の本とか絶対に止めて下さい、私と同じ過ちを繰り返してしまいます。では、どの書籍か、ですが、数ある経理本の中でも、「会計の新しい教科書」をご紹介します。

BSアプローチの説明が、第1章にあります。第2章以降は、連結会計やリース会計など、いきなり難しくなりますがボリュームの関係上、仕方がなかったのでしょう。

第1章は、経理や会計をBSアプローチで理解したい人向けですので、超おすすめです。第2章は、経理人なのだが、簡単に人に説明するコツを知りたい、という人に有益です。会計分野の隠れた良書です。