Kei’s Aha! ケイアハ

人の「やってみよう」を引き出せる人になりたいなあ

MENU

【飛@シンガポール】SQのプレミアムエコノミーが凄すぎ!アップグレードは、絶対に一考の価値あり

ようこそ、「ケイアハ」にお越しくださいました、イトウケイです。

今回は、シンガポール航空のプレミアムエコノミーの登場記です。 

座席位置

今回はA380-800でのプレミアムエコノミー席になります。

エコノミークラスで、3−4−3の10席の横配置ですが、2−4−2の8席のフォーメーションになっておりました。

1階の31番から34番席が、プレミアムエコノミーの座席番号です。

f:id:KeiIto:20170918190935j:plain

一番の驚きは、足元が広い。

背もたれを完全に倒せば、身長180cmを超えている私でも、苦になりません。

フラットシートが出る前の、ビジネスクラス並みと言っても過言ではありません。

f:id:KeiIto:20170918190939j:plain

f:id:KeiIto:20170918190953j:plain

あとは、本当にこの座席の作りが、気が利いています。

座席全面のこのポケット、充電中のスマホを入れるのに最適な場所にあります。

f:id:KeiIto:20170918191654j:plain

また、ドリンクボトルを入れる場所も足元に。便利極まれり。

f:id:KeiIto:20170918191700j:plain

アメニティー

アメニティーはヘッドフォン・毛布・枕・ミネラルウォーターです。ヘッドフォンや毛布・枕はエコノミークラスにもありましたが、プレミアムエコノミーの方が上質。

歯ブラシや靴下は、ちょっぴり便利で嬉しい心遣い。

f:id:KeiIto:20170918191646j:plain

f:id:KeiIto:20170918190944j:plain

モニターは13.3インチでめちゃでか。
驚いたのは、角度を変えることが可能なので、素晴らしく快適な角度で映画が見れます。しかも、映画の数が他の航空会社とは比べ物になりませんので、飽きません。そういえば、SQの時だけ、自分がダウンロードして持ち込んだ映画やTV録画を見ないものです。

f:id:KeiIto:20170918190949j:plain

食事

やはりシンガポールスリングでスタートです。

f:id:KeiIto:20170918191641j:plain

食事に関しては、また別記事にて。

なぜなら、今自分の中で流行っている、スペシャルミール祭りを、このエコノミープラスでもやってみたのです。

さて、SQのプレミアムエコノミーには「プレミアムエコノミー ブック・ザ・クック」という機内食を事前に指定できるというサービスがあるのです。
シンガポール航空の機内食は、普通に満足度が高いのですが、さらに事前に自分好みの機内食が選択できるという優れものです。

24時間前までにご自身でシンガポールのHPより選択が必要となります。選択をしなかった場合は、当日のメニューの中から選択することになるので、必ず忘れずに機内食の事前指定を行いましょう。

サービス

シンガポール航空です、文句なしに最高です。

今回のケイアハ!

シンガポールのプレミアムエコノミーは、旅の選択の幅を広げてくれる。

6時間を超えるフライト、いや8時間を超えるフライトは、身体の為に、基本的にはビジネスクラスを選択するのですが、このプレミアムエコノミーでの8時間は、苦になりませんでした。

日本から、欧州方面やアフリカ方面であれば、日本から直行便でビジネスクラスを選択するよりも、シンガポール経由で、プレエコ選択の方が、お金が助かる気がします。

 

ANAの長距離ビジネスクラスが素敵すぎ。 

www.keiaha.com

www.keiaha.com

 

UAのビジネスが。。。 

www.keiaha.com

 機内食いろいろ 

www.keiaha.com

 ANAビジネスラウンジ

www.keiaha.com

 マイレージ発端記事です。

www.keiaha.com

さあ、旅に出よう。

www.keiaha.com

www.keiaha.com

 ルフトハンザ航空747のビジネスクラス

www.keiaha.com

【食@上海】大味鰻は、大味どころか...日本人経営ではない証拠は、これだ!★☆☆

ようこそ「ケイアハ」にお越しくださいました、イトウケイです。

今回は、上海の静安区にあります、大味鰻の食レポになります。

最近の上海は、東京以上に発展しており、「フランス租界には上質でお値段お手ごろなレストランが多数ある」と聞いていました。また、日本料理店のレベルも格段に上がっており、バンコク並みに競争が激しく、味もレベルが非常に高いとのこと。

部下が、元気がなく、夏バテなような気がします、というので、現地のフリーペーパーで鰻屋を探す!そして、探し当てて行ってみたのですが、結論から言いますと日本人ではない経営による日本料理店でした。

その証拠を、本文に載せていきますので、一緒に考えてみてください。

答えは、最後に。

場所

上海のフランス租界のエリア近く、ウルムチ路にあります。

外観と店内

f:id:KeiIto:20170911121433j:plain

f:id:KeiIto:20170911121450j:plain

ばっちりと「大味」、いやな予感(笑)

f:id:KeiIto:20170911121549j:plain

店内は日本酒や焼酎が並べられており、日本料理店ぽい内装です。ただ、私が日本酒をよく知らない為か、あまり聞かない銘柄ばかり。

f:id:KeiIto:20170911121657j:plain

 

森伊蔵は、さすがに分かる。奥にばっちり。

メニュー

鰻だけかと思っていましたが、から揚げやとんかつ等いろいろとある模様。

f:id:KeiIto:20170911122012j:plain

f:id:KeiIto:20170911122016j:plain

f:id:KeiIto:20170911122019j:plain

f:id:KeiIto:20170911122027j:plain

オーダー

生ビールとうな丼をオーダー。

冷えたドラフトは、最高でございます。

f:id:KeiIto:20170911122201j:plain

 

f:id:KeiIto:20170911122210j:plain

茶碗蒸しも、ついてました。

f:id:KeiIto:20170911122205j:plain

見た目とお味

最後のうな丼にみえる黄色のへにゃへにゃは、錦糸卵です。

このあたりの技術が、まったくなっておりませんでした。これで100元(約1,700円)ですので、少し高い?

これであれば、まっとうな日本人経営の鰻屋のほうが美味いでしょう。

ただ、鰻自体は悪くはありませんでしたので、次第点というところで、☆1つです。

サービスと接客

悪くはないのですが、カウンターでのお隣の中国の方が、「くちゃ」な方でした。

「くちゃ」というのは、音をくちゃくちゃと立てて食べる作法です。

日本では、ご法度なのですが、中国では関係ありません。音を立てて食べるということは、結構、口の空間の前面で食べることになります(人の居ない所でやってみて下さい)。

舌は前面のほうが、敏感なのでしょうか。結構、くちゃくちゃと音を立てて食べたほうがおいしかったりするものなんです。ですので、理解はしますが、生理的に受け付けませんので、勘弁でした。

10年前は、この金額だと、中間層は少なく、駐在者か出張者が大半だった記憶があるのです。しかし、このような日本との金額差がない価格帯のレストランには、普通に中間層が来ています。

裕福になったのですね、といいますか、東京以上に裕福です。フェラーリやポルシェを見ない日がありません。

東京や大阪で毎日、このような高級外車見かけませんよね?しかも、税金の関係で、日本より高いはず。そのような高級外車を毎日、見てしまう都市。

上海は自分のイメージとずいぶんと違いました。ビジネスのやり方も考えないといけません。

コスト

うな丼が1,700円。ビールが480円。日本と変わりませんね。

今回のケイアハ!

さて、間違い探しは、見つかりましたか?

お分かりですね、アサヒビールの日本語訳の部分ですよね!

「朝日がする」意味不明です。

 

www.keiaha.com

www.keiaha.com 

www.keiaha.com

www.keiaha.com

www.keiaha.com