Kei’s Aha! ケイアハ

人の「やってみよう」を引き出せる人になりたいなあ

MENU

【ゴ】4年でスコア 123→84 のサラリーマンゴルファーの結論としてのアイアン選び

ようこそ「ケイアハ」にお越し下さいました、イトウケイです。

今回は、アイアンのお話です。

アイアンの スイングと打ち方

まず、アイアンの打ち方、スイングですが、ドライバー編のとおり、PRGRスイングでお願いします。

まずは、8Iを得意クラブにする。なぜか、それは真ん中のクラブだから。

まず、5Iですが、25度よりロフトが低い(24度、23度等)ならば、アマチュアは打てません。ですので、もし新品で購入された場合は、ナイロンかけたままで、家に置いておいてください。売却時、新品です。(笑)この辺りは、フォーティーンの創始者の竹林氏の意見を取り入れています。スイングが固まってくれば、打てるようになりますが、それでも、フェアウェイからはきついです。

結論は、中間が8Iになるのです。これは、徹底的に練習する番手になります。

アイアンの飛距離

「7番で150ヤード」って誰が決めたのですか?広告や雑誌に踊らされないでください。飛距離は、あなたの飛距離が必要なのです。アイアンは、飛ばすクラブではありません。寄せるためのクラブです。飛距離よりも、正確性が、1000倍大事です。

アイアンのヘッドの選び方

では、アイアンそのものですが、軟鉄でいきましょう。

各メーカーからその時に発売されている、最も簡単な軟鉄アイアン(素材複合アイアン・なんちゃって軟鉄は止めて下さい)をラインアップする。で、その中から選びましょう。血迷っても、マッスルバックとかは絶対なし。スコアに結びつきません。

では、なぜ、軟鉄か、それは、芯に当たったときの感覚が半端なく良いから。正直、芯で捉えない時は、軟鉄だろうが、ステンレスだろうが関係ないです。でも、芯の時が違います。私でも分かりました。で、なぜ重要か。練習場で気持ちいいのです。にやっとする為、ウフッとする為です(笑)

もう一度言います。各メーカーから発売されている「最も簡単な軟鉄アイアン」から選んでください。

ポイントがもうひとつ。新品でも中古でも、購入後、必ず、ロフト角とライ角を測定し、必ず修正して下さい。後々、自分のスイングが悪いくせに、いやーライ角がね、なんていう言い訳を減らす為です(爆)

アイアンのシャフトの選び方

シャフトですが、絶対スチールです。カーボンは、腕力が次第に落ちるので、年を取ってから自然と選ばざるをえないので、出来る限りスチールを選びましょう。ドライバーとの重量も合わせやすいのです。重量は、85gか95gになると思います。

スチールといっても、100g越えのダイナミックゴールド(DG/S200等)を選ぶ場合は、慎重になって下さい。18H通して、きっちりと振れる人はサラリ-マンでは、数人しかみたことないです。

 次に、シャフトの硬さですが、RとSどっちでもいいです。

分かりません。ただ、女子プロの場合はRが多いので、Rの方がよいのかなーと個人的に思います。

柔らかすぎて、なんて球筋がぶれて困るんだよねーなんて言える人、アマチュアにはいませんから。メーカーというかしなりですが、GS95かNS950か。悩むだけ無駄です。分かりません。なんでもいいです。中折れとかありますが、感じれるわけがありません。

アイアンのグリップ

グリップは、純正でもいいですし、変更してもかまいません。変えるとテンションあがりますし! 

ただし、変更した場合は、ドライバーもウェッジも必ず同じグリップにしましょう! 唯一の、身体との接点ですから、グリップは大事にしたほうが良いです。 

バックラインのありかなしか、ですが、どちらでもいいです。バックラインがあるとフェースを開きにくいとか閉じにくいとか。フェースを開くとか閉じるとか、ややこしいことは一切する必要がありませんので、どっちでもいいです。そのようなことをしなくても、80台は出せます!

 

 

www.keiaha.com