Kei’s Aha! ケイアハ

人の「やってみよう」を引き出せる人になりたいなあ

MENU

【ゴ@グアム】ベストスコアを更新したいゴルファーの皆様。グアムはいかがでしょうか?

ようこそ、「ケイアハ」にお越しくださいました、イトウケイです。

突然ですが、

リゾートゴルフを満喫し、さらに自己ベストを更新する計画はいかがでしょうか?

f:id:KeiIto:20161007004237j:plain

www.keiaha.com

グアムの利点は、

  1. 時差がほぼ無い(1時間)。
  2. 飛行時間が短く(成田から4時間程)、深夜便がある。
  3. 比較的、日本語が通じる。

この利点と、コースの設計の利を生かし、ベストスコア更新計画!

 

各コースの詳細は、以下として、まずは、3泊4日程度と想定したオススメプラン。

オンワード運営のコースかCCP(カントリーオブザパシフィック)コースで初日、または2日間で、南国ゴルフを満喫しつつ、ゴルフ感を高めていく。満を持して、スターツゴルフコースで、「ベストスコア」を狙いにいく。ベストスコアを叩き出した後、レオパレスゴルフコースでぼろ雑巾になって帰国する。これです!

 

グアムのゴルフコースの有名どころとしては以下の7コース。 

  1. スターツゴルフコース
  2. CCP
  3. オンワードタラフォフォ
  4. オンワードマンギラオ
  5. レオパレスリゾート
  6. GICC
  7. ワンダフルウインドワードヒルズ

1.スターツゴルフコース

オススメです。私はここで、自己ハーフベスト39を叩き出しました。後半、緊張してべスト更新できず(涙)。ここでも、41/43の84の同率ベストを出しています。比較的責めやすく、OBもひどくなく、グリーン周りもつっこんでも事故になりません。ここは、ぜひ、ベスト更新コースと位置づけます。アップダウンも少ないので、体力的に2ラウンド可能です(36ホール)。

2.CCP

距離は長いです。ただ、景色は絶景。南国のゴルフという感じがして、気持ちが良いコースです。シーサイドコースに恥じない、素晴らしいコース。ドライバーの距離が不足する人には、少々、チャレンジングです。

3.オンワードタラフォフォコース

全体的に美しい、調和のとれたコース。マンギラオが12番という特徴を持っているのに対し、このコースは、18ホール回ってもすべてが調和がとれており、精神的に疲れないコース。

4.オンワードマンギラオコース 

海越えの12番を、ぜひ体験して下さい。シーサイドらしい、素晴らしいコースです。南国ゴルフの贅沢を感じられるコースです。

5.レオパレスリゾートゴルフコース

どMの方、どうぞ。超狭いです。そして、アップダウンも鬼のようにあります。自尊心をズダボロにされて下さい。

ここは、日本女子プロでも、初戦かな?使用されるコースです。2月あたりの、プロ戦のあとは、グアムらしく、一定期間ですが、そのままのカップの位置、放置です。1度だけ回りましたが、プロのすごさを思い知ることが出来ます。山のてっぺんや奥のぎりぎりの位置に、普通にカップを切っていました。凄かったです、パターがしびれて普通に打てませんよ。

6.GICCゴルフコース

距離も短く、値段もそこそこと思いきや、アップダウンが激しく、右足下がり(右利きの場合)が多い印象。その練習のためなら良いが、わざわざ、ここを選ぶ強い理由は見当たらず。飯は美味いが。

7.ワンダフルウインドリゾート

未経験。

 

最新の情報は、下記リンクにてご確認下さい。

グアムゴルフ場協会公式ホームページ:GUAMGOLF.NET:最新情報

 

グアムでのラウンドの注意点

  1. 雨具
  2. 昼食と飲み物
  3. カートのコース内乗り入れ

1.雨具を忘れずに。突然の天気変わりに、多々遭遇している。通り雨の場合が多いので、カートをどこかに止め、雨宿りすることも忘れずに。

2.昼食や軽食を忘れずに。日本と違い、18ホールスループレーが一般的。また、脱水症状が、非常に起きやすいので水分補給は忘れずに。ちなみに、私は1度、脱水症状でラウンド後に冷や汗まみれになり、病院にいったことがある。ビールの飲みすぎが原因であったことは、言うまでもない。

3.カート走行可能な場所の確認を忘れずに。グアムは、カートの乗り入れが可能なコースが多い。しかし、どのコースでも、グリーン周りは厳禁。また、コース状況によっては、乗り入れ不可能な日があるので、必ずラウンド前に受付で確認すること。

ぜひ、あなたの楽しいゴルフとベストスコア更新の知らせを待ってます!

 

PS

初心者や女性の方で、まだまだ日本のコースでは、後ろの組に迷惑が掛かるし、デビューが出来なくて、という方々には、特にグアムでのラウンドを、オススメします。後ろの組の連中には、明るく「Sorry」と言って下さい。彼らは、ビール飲みながら「No Problem、No Worry」と明るく言ってくれますよ。